がん研究、ザ・ジェームズがんセンター、

NPOペロトニア

‘’ザ・ジェームズ”とは米国オハイオ州コロンバスにあるアーサーGジェームズがんセンターとリチャード J ソロブ研究所のがん研究に特化した2施設を差します。ザ・ジェームズの専門家たちは、生物学的および遺伝的レベルでがんを識別および理解することに重点を置いており、あらゆる分野で最も効果的ながん予防およびがん患者の治療に取り組んでいます。

 

ペロトニアは、ザ・ジェームズのがん研究活動を支援するための資金を集めることを使命とし、2008年に設立されたNPOです。これまでに200億円(1億8,400万ドル)以上を集めています。ペロトニアは、オハイオ州コロンバスで毎年8,000人を超えるライダーと3,000人のボランティアが参加する募金サイクリングイベントを開催しています。

OSUCCC-James-K-Std-RGBHEX.png
pelotonia

ベル・ベンジャミン - がんと闘う写真展

フランス、グルノーブル生まれ。父はフランス人、母はアメリカ人です。フランスで育ちました。グルノーブル大学で政治学を専攻しました。卒業後、九州大学の大学院で政治学を学びました。東京に住んで12年になります。現在、アメリカのファッションブランドであるラルフローレンの東京本社で働いています。趣味は、東京の街の写真を撮ることです。私はコロンバスに家族がいます。2017年と2018年に親戚と一緒にペロトニア主催のサイクル募金活動イベントに参加しました。今年の夏も参加します。 私はペロトニアに更に協力したいと思い、私の住んでいる街東京で、この写真展を開くことにしました。

 

写真展は6月1-2日に開催されました。200人以上の方がイベントにお越しくださり,ギャラリーでは341,000円の寄付が集まりました。目標は9月末までに1,620,000円(15,000ドル)を集めることです。このウェブサイトでは、3,000 円ポストカードセット、または展覧会の写真のプリントを注文することができます。研究でがんは予防でき、また、撲滅できると信じています。 皆様のサポートに大変感謝致します。

寄付の進捗状況は私のペロトニア'19ライダーページで閲覧できます。