左から右へルベーグ・セバスチャン、ベリー・コリン、カンケ・ブルノ、ベル・ベンジャミン

ベル・ベンジャミン

(Benjamin Baile)

写真展のベンの写真シリーズは、「平成最後の東京」でした。ベンは東京に住んでいるアマチュア写真家です。母がアメリカ人、父がフランス人で、両国籍を持っています。ベンはがんと闘う写真展というがん研究資金調達のための写真展覧会の主催者です。人々を楽しませ,がん研究のための資金を集めるための写真展を開催することで,写真のプロモーションを行うと同時にがんと闘うことがベンの希望です。

ルベーグ・セバスチャン

(Sebastien Lebegue)

写真展のセバスチャンの写真シリーズは、「東京ブラブラ」でした。セバスチャンは東京在住のフランス人写真家です。「カナック主観」という最新出版物を紹介する世界ツアーに参加しています。カナックは、太平洋南西部ニューカレドニアのメラネシア先住民族のことです。セバスチャンのウェブサイトでは、彼の最新プロジェクトがフォローできます。

カンケ・ブルノ

(Bruno Quinquet)

写真展のブルーノの写真シリーズは、「サラリーマン プロジェクト」の一部でした。ブルーノは東京在住のフランス人写真家です。ブルーノは、国際的に高い評価を得ている「サラリーマン プロジェクト」シリーズで最も有名です。ブルーノのウェブサイトでは「日本植物図鑑、ラテン語:flora japonica」という彼の最新写真プロジェクトがフォローできます。

Bruno Quinquet Salaryman Project Ueno Pa

ベリー・コリン

(Colin Barey)

写真展のコリンの写真シリーズは、「オレゴン州2015」でした。コリンはフィルムやアナログの素材と機材のみを使用するアメリカの ドキュメンタリー写真家です。コリンの写真は、東京新宿区のトーテムポールギャラリーによく展示されています。

Colin Barey Oregon  2015.jpg